アクセスカウンタ

新発田で楽しい読書生活&食生活

プロフィール

ブログ名
新発田で楽しい読書生活&食生活
ブログ紹介
50代男性。本好き。新潟県北部の新発田市(しばたし)に住んでいます。外食多し。画像はみやむら食堂のモツ煮ラーメンです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
天壇
天壇 今日は岳父の傘寿の祝い品を買いに新潟へ。ANAクラウンプラザホテル新潟二階「天壇」で昼食です。ここも長いこと通っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/10 21:39
中田製作所 in 五泉
中田製作所 in 五泉 仕事で五泉で夕飯。粟島公園そばの中田製作所というラーメン屋に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 15:22
【恋と芝居と安保ハンタイ】「充たされた生活」石川達三
【恋と芝居と安保ハンタイ】「充たされた生活」石川達三 安保闘争華やかなりしころ、舞台女優の恋模様をややドライに描いた小説です。ブックオフ新発田店で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/09 09:44
【永遠の女性と母の悲しい二重性】「かげろうの日記遺文」室生犀星
【永遠の女性と母の悲しい二重性】「かげろうの日記遺文」室生犀星 ここに展開されているのは、まことに嫋々として官能的な、情痴小説といってもよい物語です。コメリ書房五泉店で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 23:29
宮村ラーメン&藤屋食堂
宮村ラーメン&藤屋食堂 昨日はアルビ最終戦へ。その前に新発田病院跡地そばの宮村ラーメンへ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 15:35
【もっと描いてほしかった】「小さな市街図」古山高麗雄
【もっと描いてほしかった】「小さな市街図」古山高麗雄 戦前、朝鮮半島北部の新義州に生まれ育った主人公吉岡久治は、戦後、故郷のその町の市街図を作ろうと思い立ちます。同窓会での軽い思い付きで始めたことが意外に難渋し、全国にいる同窓生に地理上の問い合わせの手紙を出すことから物語は始まります。仙台の古本屋「火星の庭」で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 08:49
ニイガタ・ニューウェーブ ウェーブ・ブックストア
ニイガタ・ニューウェーブ ウェーブ・ブックストア 本日古町のヒッコリー2階で行われている「ニイガタ・ニューウェーブ・ブックストア」に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/26 17:06
【ルポライター井伏が味わえる】「取材旅行」井伏鱒二
【ルポライター井伏が味わえる】「取材旅行」井伏鱒二 井伏鱒二を正確に知っている人は今どのくらいいるでしょうか。「山椒魚」は教科書に載り、「黒い雨」は映画にもなりそれぞれ有名ですが、実は多彩なルポ風の作品群をものしています。山形県置賜の一箱古本市で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 10:51
オンチャカフェ
オンチャカフェ 昨日は我が家の定番、豊町の「オンチャカフェ」でランチ。雨のせいか一人もお客さんがいませんでした。良い店ですから皆さんどうぞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/24 23:05
【古き良き文壇人の交流を垣間見る】荻窪風土記 井伏鱒二
【古き良き文壇人の交流を垣間見る】荻窪風土記 井伏鱒二 単行本でもっていますが、書店で文庫本で見てふと買いました。コメリ書房五泉店で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 20:10
末留田 in 北区
末留田 in 北区 今日は妻の実家のある豊栄へ。そのまま昼食は駅前の末留田で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/18 19:54
【文学者の自負と実力による入門書】「純文学とは何か」小谷野敦
【文学者の自負と実力による入門書】「純文学とは何か」小谷野敦 帯の漫画にある「純文ってなに?」という、いまさら聞けないソボクな疑問に真正面から答えたのが本書。比較文学者で作家である小谷野敦の新刊。TSUTAYA書店豊町店で購入。e-hon利用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/17 22:53
三和&塩釜港&彦いち&火星の庭 in 仙台
三和&塩釜港&彦いち&火星の庭 in 仙台 この週末はまた仙台へ。息子を理由にした小旅行ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 20:59
喜楽軒
喜楽軒 今日の昼は新発田川沿いの喜楽軒。銭湯「あやめの湯」そばの渋いラーメン屋です。わかりにくい場所にありますが、銭湯の煙突が目印ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/06 22:34
蛍 in イタリア軒
蛍 in イタリア軒 今日のランチは古町イタリア軒横の蛍。改装後初めて来店します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 19:36
聖籠&ラ・ジェンマ
聖籠&ラ・ジェンマ 今日は聖籠町立図書館で古本バザーでした。建物の写真は撮りませんでしたが、火力発電所のおかげか、立派なものです。昔の仲間と再会。久闊を叙しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 18:52
山茂登 in 五頭温泉
山茂登 in 五頭温泉 昨日の昼は五頭の山茂登へ。釜めしで有名なお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/29 14:45
【現在に失われた師弟愛が美しい】「雪晴れ」網野菊
【現在に失われた師弟愛が美しい】「雪晴れ」網野菊 網野菊という女流作家を知っている人は相当の純文好き。明治33年に東京で生まれ、次々と変わる4人の母に育てられ、自身の結婚生活は失敗。志賀直哉を終生の師と仰ぎ、自らの来歴や日々の一人暮らしを中心に私小説を書き続け、昭和53年死去。Amazonで購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/28 10:47
めんくい亭 in 五泉
めんくい亭 in 五泉 今年は仕事柄五泉での「食生活」が多いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/26 22:23
【人物像に触れる喜び】「忘れ得ぬ人々」辰野隆
【人物像に触れる喜び】「忘れ得ぬ人々」辰野隆 著者の辰野隆は明治21年生まれ。昭和39年没。「隆」は「ゆたか」と読みます。肩書きはフランス文学者と呼ばれるでしょうが、ただの、ではありません。それまでフランス人の指定席であった東京帝大仏文科教授に日本人として初めてなりました。文芸批評家であり随筆家でもあります。仙台市の「カフェ・マゼラン」で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 11:49

続きを見る

トップへ

月別リンク

新発田で楽しい読書生活&食生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる