アクセスカウンタ

新発田で楽しい読書生活&食生活

プロフィール

ブログ名
新発田で楽しい読書生活&食生活
ブログ紹介
50代男性。本好き。新潟県北部の新発田市(しばたし)に住んでいます。外食多し。画像は駅前「かとお」の背油ラーメンです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
【人物像に触れる喜び】「忘れ得ぬ人々」辰野隆
【人物像に触れる喜び】「忘れ得ぬ人々」辰野隆 著者の辰野隆は明治21年生まれ。昭和39年没。「隆」は「ゆたか」と読みます。肩書きはフランス文学者と呼ばれるでしょうが、ただの、ではありません。それまでフランス人の指定席であった東京帝大仏文科教授に日本人として初めてなりました。文芸批評家であり随筆家でもあります。仙台市の「カフェ・マゼラン」で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 11:49
ついしん手紙
ついしん手紙 昨日は移転した「ついしん手紙」へ行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 18:37
【軽快な放談】「朱に交われば… -私の青春交遊録-」三浦朱門
【軽快な放談】「朱に交われば… -私の青春交遊録-」三浦朱門 夫婦、性、家族、文壇…。第3の新人作家で保守言論人でもあった著者による多方面についてのエッセイ集です。仙台の古本カフェ「カフェマゼラン」で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 08:59
「銀鈴」&「多良富久」&「オンチャカフェ」
「銀鈴」&「多良富久」&「オンチャカフェ」 ここ2、3週間でランチをあちこち。先々週の日曜はバンダイの和食「銀鈴」。夫婦で新米セットを頼みました。1300円。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 18:43
【文学愛を伝える簡潔な筆致】「ツエッペリン飛行船と黙想」上林暁
【文学愛を伝える簡潔な筆致】「ツエッペリン飛行船と黙想」上林暁 5年前、幻戯書房が上林暁の未発表の小説やエッセイ、雑文など125編を1冊にまとめました。T部の創作でU部は随筆、そしてY部の将棋観戦記と、内容によって丁寧に整理されています。Amazonで購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 18:31
ブックブックオキタマ その2
ブックブックオキタマ その2 終了間際には私も客となり他店を物色。井伏鱒二と庄野潤三を買いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 08:37
ブックブックオキタマ。
ブックブックオキタマ。 現在、山形県置賜郡の古本市に来ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 12:45
【不倫略奪同性愛。「文春砲」作家編。】「文豪の女遍歴」小谷野敦
【不倫略奪同性愛。「文春砲」作家編。】「文豪の女遍歴」小谷野敦 著者は小谷野敦。評論も小説もエッセイもこなす才人です。1962年生まれ。元大学教師。「反禁煙」を主張する運動家でもあります。TSUTAYA書店豊町店で購入。e-hon利用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 09:42
【国を思う志をたたえた草莽偉人伝】「幕末 非命の維新者」村上一郎
【国を思う志をたたえた草莽偉人伝】「幕末 非命の維新者」村上一郎 本書は昭和49年文庫本を底本に約40年ぶりの刊行。著者は評論家で歌人。吉本隆明との交流が有名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 11:20
【近代文学の火花に時を忘れる。】「文藝的な、あまりに文藝的な/饒舌録ほか」芥川龍之介 谷崎潤一郎
【近代文学の火花に時を忘れる。】「文藝的な、あまりに文藝的な/饒舌録ほか」芥川龍之介 谷崎潤一郎 学者のみならず、多くの文学好きの目を惹いたに違いありません。かくもスリルに富んだ文学論争を、世に言う「芥川vs.谷崎論争」を一冊にまとめてしまうとは。論争の端緒となった新潮合評会と俎上に上った両作、その後始まった両者の応酬が時系列順に掲載されています。そして芥川に向けた谷崎の胸打つ追悼文も。TSUTAYA書店豊町店で購入。e-hon利用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 10:07
カフェ マゼラン in 仙台
カフェ マゼラン in 仙台 仙台滞在中、空き時間を利用して一人で古書店へ。この春にも来たカフェ マゼランです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 20:11
カフェ モーツァルト in 仙台
カフェ モーツァルト in 仙台 息子が大学に戻るので、ドライブがてら私たち親も仙台へ。台風が近づいているので、早朝出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 20:02
【埋もれた郷土の作家を掘り起こす良書】「古木鐵太郎作品集」古閑 章編
【埋もれた郷土の作家を掘り起こす良書】「古木鐵太郎作品集」古閑 章編 古木鐵太郎。鹿児島出身の私小説家。宇野浩二に才能を見出され上京し、外村繁や上林暁、尾崎一雄など志賀直哉系の作家たちとともに精進し、昭和29年東京で死去。Amazonで購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 09:45
うすがもりの里
うすがもりの里 昨日は昼は蕎麦屋「うすがもりの里」。赤谷へ行く道の途中にあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 18:29
中華そば かとお
中華そば かとお 「へぃ」のあと、締めはラーメンということでとなりの「かとお」へ。天理ラーメン「陽気」のあとにできたラーメン屋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 20:40
横丁 へい
横丁 へい 今夜は新発田駅前の「へぃ」で一杯。酒は地元金升の碧。お通しのあとは、やっこと越後もち串。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/14 20:31
キャロット(夜の部)&天壇
キャロット(夜の部)&天壇 いつもランチでお世話になる東新潟の小さなレストラン「キャロット」ですが、週末は夕食を取りに行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 20:56
【近代小説を味わえる隠れた名品】「春泥・花冷え」久保田万太郎
【近代小説を味わえる隠れた名品】「春泥・花冷え」久保田万太郎 近代小説の巧者久保田万太郎。そのいぶし銀の世界を堪能できる2作です。ブックオフ新発田店で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 09:45
【講釈無用の力作】「戦線」林芙美子
【講釈無用の力作】「戦線」林芙美子 森光子や仲間由紀恵で有名な「放浪記」の作者林芙美子の、こちらもベストセラーとなった作品。支那事変(いわゆる「日中戦争」)における武漢作戦に従軍した著者入魂のルポ。まあ恐れ入るほどの戦争賛美。前線で命はる兵士への飽くなき賛歌です。TSUTAYA書店豊町店で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/02 08:39
【大作だが凡作】映画「関ヶ原」
(だいぶネタバレあり。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/26 19:46

続きを見る

トップへ

月別リンク

新発田で楽しい読書生活&食生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる