アクセスカウンタ

新発田で楽しい読書生活&食生活

プロフィール

ブログ名
新発田で楽しい読書生活&食生活
ブログ紹介
50代男性。本好き。新潟県北部の新発田市(しばたし)に住んでいます。外食多し。画像は「本田屋」の餃子ライスです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
本田屋&道の駅豊栄
本田屋&道の駅豊栄 今日は休み。昼は新発田駅前の本田屋で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/15 22:33
アカミチフルホンイチ
アカミチフルホンイチ 新潟からの帰りは東区役所で催されていたアカミチフルホンイチに。私も店を出したことありますが、今日はお客です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/10 23:06
オーベルジュ古町
オーベルジュ古町 今日のランチはオーベルジュ古町で。ほぼ一年ぶりでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/10 23:00
【文豪に触れる厚い時間の旅へ向かえる。】小宮豊隆「夏目漱石」全三巻
【文豪に触れる厚い時間の旅へ向かえる。】小宮豊隆「夏目漱石」全三巻 漱石が好きなら、作品だけでなく、その生涯について丸ごと知りたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/07 11:49
キャロット
キャロット 先週の日曜は妻と新潟へ。ランチはいつもの東区の小さなレストラン「キャロット」。妻は魚のランチ。私は肉のランチと、二十年以上続く定番。それ以外注文したことがありませんね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/17 14:18
【あの名作たちの原型に出会える。】「ゴンゾオ叔父」小沼丹
【あの名作たちの原型に出会える。】「ゴンゾオ叔父」小沼丹 「作者によって習作と位置づけられた」作品集。後年、小沼丹の名を高からしめた作品たちの「原型」が収められています。幻戯書房より直接購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 10:20
ハミングバード
ハミングバード 豊町の旧「オーガ」跡地に新しくイタリアンのお店「ハミングバード」が出来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/06 18:20
きぶん一&錦福香
きぶん一&錦福香 新年外食の「お食い初め」は月岡の名店「きぶん一」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/05 09:25
【天狗が飛び、竜が舞う。異端の国学者による異境の書】「天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞」平田篤胤
【天狗が飛び、竜が舞う。異端の国学者による異境の書】「天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞」平田篤胤 本書の中心人物である寅吉は、神誘いに遭い「彼(か)の境」(仙境)に長く住まって、老翁との修行により不思議な力を見につけます。空を移動し、山から山に飛び行っては周り(これを山周りと言う)、時に九頭竜や雷獣や鉄を食う獣に出会ほどで、月の近くに言ったこともあると言う。この少年のことを伝え聞いた国学者平田篤胤が、この仙境のことを多く聞き取って出来たのが「仙境異聞」です。TSUTAYA書店豊町店で購入。e-hon利用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/04 20:13
【教育者漱石のもとに集った『山脈』の面々】「漱石山脈」長尾 剛
【教育者漱石のもとに集った『山脈』の面々】「漱石山脈」長尾 剛 教育者夏目漱石。東京専門学校を皮切りに、高等師範学校、旧制松山中学、五高、一高、東京帝大などで教職を歴任。40歳で朝日新聞に小説記者として招かれるまで、実に多くの人材を育て上げました。その後も、週に一度の面会日である「木曜会」に集う教え子たちを、マスコミではいつしか「漱石山脈」と呼ぶようになりました。コメリ書房五泉店で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/30 00:05
かね清&米山SA&オンチャカフェ
かね清&米山SA&オンチャカフェ 先々週の週末は新潟へ。昼はANAクラウンプラザホテル1階の寿司屋「かね清で」。妻は握り。私はチラシ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/23 16:57
【残念ながら羊頭狗肉の書】「慶應義塾文学科教授 永井荷風」末延芳晴
【残念ながら羊頭狗肉の書】「慶應義塾文学科教授 永井荷風」末延芳晴 TSUTAYA書店豊町店で購入。e-hon利用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/23 16:01
【神慮に見守られる人の世の不思議さ】「妻籠め」佐藤洋二郎
【神慮に見守られる人の世の不思議さ】「妻籠め」佐藤洋二郎 著者の佐藤洋二郎は長年小説を書いていましたが、いつしか文学研究の先生に。日大芸術学部で教えています。作家が教職に就いたとたん、書くものが質量ともに劣化するケースを多く見ますが、佐藤洋二郎にその心配はなく、良質の純文学を刊行し続けてくれています。コメリ書房五泉店で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/22 10:42
「横丁 へえ」&「のろし」
「横丁 へえ」&「のろし」 昨日は知人と飲み会。駅前の「へえ」で飲みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/02 16:15
中田製作所 in 五泉
中田製作所 in 五泉 先週末のお昼は五泉で。三本木の「中田製作所」で食べました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/29 19:58
錦福香&オンチャカフェ
錦福香&オンチャカフェ 先週火曜は休み。ランチは豊町の錦福香へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/18 22:37
【水の都のあきんどの古き良き暮らしぶりが現前する】「水の都」庄野潤三
【水の都のあきんどの古き良き暮らしぶりが現前する】「水の都」庄野潤三 語り手は、大阪の郊外で育ち、現在は東京在住の「私」。故郷大阪についてあまり知らないことに気づき「必ずしも商家に限らないが、古い大阪の街なかの空気を吸って大きくなった人に会って、いろいろ話を聞いてみたらどうだろう。」と考える。著者お得意の聞き取り小説です。TSUTAYA書店豊町店で購入。e-hon利用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/18 18:51
【友、酒、旅の思い出を温かく綴る】「ミス・ダニエルズの追想」小沼丹
【友、酒、旅の思い出を温かく綴る】「ミス・ダニエルズの追想」小沼丹 今年は小沼丹生誕百年。それを記念して幻戯書房から未発表のものを含め小沼本が続々と刊行されています。本書は第4冊目。短編小説と随筆の名手として生きた著者が、日々の暮らしの中で出会った人々や小動物、旅先での出会いなどを、ユーモラスにノスタルジックに綴った随筆集です。幻戯書房より直接購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/13 13:50
道の駅豊栄&三宝亭
道の駅豊栄&三宝亭 昨日も仕事で西新潟へ。途中の道の駅豊栄で朝飯。天玉そばです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/09 22:36
アンフォラ(L'anfora)&古本再生市 in 新潟県立図書館
アンフォラ(L'anfora)&古本再生市 in 新潟県立図書館 ようは妻と新潟へ。妻が三越へ行く間、県立図書館の古本再生市へ行きました。二日目からか人出は少なく、でもそれなりに本が準備されていて、ゆっくり探すことができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/04 19:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

新発田で楽しい読書生活&食生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる